低金利キャッシング

低金利のキャッシングでお金を借りる

誰でも、低金利でお金を借りたいと思いますよね。低金利という言葉はとても魅力的です。金利が違うだけで、家計のやりくりもだいぶ違ってきますし、借金地獄に陥ることもありません。できるだけ低金利の貸付をしている銀行カードローンがおすすめです。

2人の子を持つシングルマザーです。

昨年離婚し、2人の子を持つシングルマザーになりました。専業主婦だったので、別居後すぐのときは貯金も無く、数万円しか所持金がありませんでした。すぐに仕事を探してはいたものの、まだまだ子供たちは2歳と3歳で、長時間働けるわけもなく、幼い子供がいて、高校は中退してるので、中々雇ってくれる場所がありませんでした。今は近くの工場でパートとして月に9万弱稼いでいます。実家に住んでいるため保育料も馬鹿にならない程高いので保育園すら通わせられません。もちろん実家に暮らしてるので手当て等も貰えず、私の少ない給料と養育費で生活している状況です。毎月数万と家にお金を入れて支払いをしたら、残る金額は微々たるもので、極力養育費には手を出したくないので、基本的には私の給料でやりくりしています。今は子供たちも幼く食費等もあまりかからないのですが、これから大きくなり幼稚園、小学校、中学校に上がるにつれて、毎月のお小遣いに修学旅行や研修旅行などがあり、やはり出ていく金額は大きくなってしまうんですよね。その時にお金が無いから修学旅行に行かせてあげれない、などはさせたくないので、頑張って働きたいと思います。もう少し年齢が大きくなってきたら、パートじゃなくてフルタイムで働くことも視野に入れながら、節約しつつも好きなものを買ってあげたいなと思います。
低金利キャッシングで即日融資!
アイフル
融資利率:4.5%〜18.0% /借入限度額:500万円 /担保・保証人:不要 /パート・アルバイト:融資可能 50万円以下なら収入証明書不要!

低金利キャッシングで即日融資!

低金利キャッシングで即日融資!
プロミス
融資利率:4.5%〜17.8% /借入限度額:500万円 /担保・保証人:不要 /パート・アルバイト:融資可能 50万円以下なら収入証明書不要!

低金利キャッシングで即日融資!

低金利キャッシングで即日融資!
アコム
融資利率:4.7%〜18.0% /借入限度額:500万円 /担保・保証人:不要 /パート・アルバイト:融資可能

低金利キャッシングで即日融資!

低金利キャッシングで即日融資!

モビット

融資利率:4.8%〜18.0% /借入限度額:500万円 /担保・保証人:不要 /パート・アルバイト:融資可能

低金利キャッシングで即日融資!

低金利キャッシングで即日融資!

レイク

融資利率:4.5%〜18.0% /借入限度額:500万円 /担保・保証人:不要 /パート・アルバイト:融資可能

低金利キャッシングで即日融資!

低金利キャッシングで即日融資!

楽天

融資利率:4.5%〜18.0% /借入限度額:500万円 /担保・保証人:不要 /パート・アルバイト:融資可能

低金利キャッシングで即日融資!

友人に泣きつかれお金を貸して

友人の家に不幸があり、お葬式に参列しました。 それからしばらくして、友人から連絡があり相談があると言われました。 それで会って話したところ、お金を貸して欲しいということでした。 その友人の家はちょっと複雑で、さらに借金があったとのことでした。 友人とは職場で出会いました。 なのでそれほど古くから知っているわけではありません。 なので常識的にはお金は貸さない方がトラブルは防げるでしょう。 でもその時、友人の力になりたいと思いました。 友人には付き合っている人がいて、その人とも私は仲がよかったです。 しかしその彼にはお金のことを黙っていて欲しいと言われました。 心配をかけたくなかったんでしょう。 それで借用書を書くから、とりあえず20万円ほど貸して欲しいとのことでした。 それで20万円を渡しました。 お礼として、少し利子を上乗せして返すから返済は分割にして欲しいと言われました。 それで了承して1ヶ月2万円プラスアルファの金額が返済されました。 しかし数ヵ月後、またお金を貸して欲しいと言われました。 さすがにもう難しいと思いましたが、かなり深刻なような飲んでまた借用書を書いてもらい貸しました。 結局全てのお金は返済してもらいました。

お金の使い方は、相手への思いやりや気持ちの表れであると思います。お金に関する価値観が合わないと、日常生活は難しいと、私は思いました。

これは、結婚を前提として1年ほど付き合っていた男性との間のやりとりです。 ちなみに、自分も相手も、大手企業に15年以上勤務していたので、生活には困ることはなく、お互いそれぞれのマンションを購入して生活をしている、という生活スタイルでした 相手の男性と私は同い年です。 私は性格上、男性だから女性に食事などおごらなければいけない、という考えはさほど持っていません。 なので、外食時に常に割り勘、というのは、相手は同い年でもあり、恋人同士だったら当然と思うくらいで、それは気にしていませんでした。 でも、どう考えても、私の方がたくさんお金を払っていました。 例えば、割り勘でも、端数はいつも私が多く出し、私の自宅で夕食を食べる時も、料理の材料は私が払って購入し、私の自宅でDVDをレンタルして観るという時も、私が払います。 当時はさほど気にしていませんでしたが、相手は確信犯だったと思います。 でも、大きな金額ではないので、私もセコイことは言わない方が、付き合いが順調に行くだろう…と思い、だまっていました。 でも、1年もそんな感じで付き合うと、計算こそしませんが、私の方がかなり多くのお金を払ってきたと思います。 最終的に不満爆発した決定的な出来事は、相手の実家を訪ねるという時です。 その男性は、私とは結婚する気持ちは固まっていなかったのでしょうね。 でも、1年も付き合っているので、形式上、実家へ連れて行こうと思ったのでしょう。 それも、時間稼ぎのようなものだったのでしょう。 彼の実家は、行くだけで新幹線代で往復ひとり4万円はかかります。 彼が誘い、彼の実家へ挨拶に結婚を前提に付き合っている、という挨拶をしに行くのに、交通費は自腹でした。 そして、手土産の高級菓子も、私がひとり自腹で払い買ってきました。 結果…相手の実家へ宿泊しましたが、何も、結婚の挨拶などはなく、その他、彼の実家から駅までのタクシー代なども私が払い… 自宅へ帰宅してから、もう別れようと切り出しました。 なぜなら、お金の使い方というのは相手を思いやる気持ちの表れでもあると、私は思っていたからです。 彼はお金の使い方に関して、自分が楽な方がいい、としか考えていないのです。 言い争いの最終的に、ケチだなあ、と言われましたが、この一言で私の心も決まり、日常的なお金に関する価値観の相違を確信しました。 ケチなのは、私は彼の方だと確信したのです!